光老化って何?

昨日の続きです。

もう何度も何度もブログに書いている内容ですが、何度も読んだ方でも復習がてらぜひ読んでくださいね。

 

光老化の原因は2つあります。

「紫外線」「フリーラジカル(活性酸素)」です。

紫外線

紫外線とは光の一種で、その波長によってA波、B波、C波にわかれています。

紫外線A波

紫外線A波は紫外線の中で浸透性が高く、皮膚にあたるとその影響はお肌の奥まで届きます。

ズバリこれが老化の原因です。

エネルギーはさほどつよくないため、紫外線A波のダメージはすぐに目に見えません。

(↑曇りの日や雨の日、冬に皆さんが油断してしまう原因がコレですね・・)

しかも、紫外線A波を浴びても実感はありません。

でも、ゆっくりと確実に細胞を傷つけ破壊します。(恐ろしい)

また、ガラスや曇りでも、マスクも通り抜けてしまうので、日常生活で気づかないうちに紫外線A波の影響を受けてしまいます。

 

紫外線B波

紫外線B波は中程度の浸透性と強いエネルギーをもった紫外線です。

表皮までしか届きませんが、強いエネルギーのために早い時間でそのダメージは大きく、皮膚が赤くなったりひどい場合はやけどのような状態にもなります。

B波はガラスや曇りではあまり通過しませんが、強いエネルギーをもつため確実に防ぐ必要があります。

 

紫外線C波

紫外線C波は非常に強いエネルギーをもっています。

現在はオゾン層で吸収され、地表にはほぼ届かないとされています。

その強いエネルギーは皮膚ガンを引き起こすこともあると言われています。

 

■紫外線から皮膚を守るために毎日日焼け止めを皮膚に塗りましょう

 

 

フリーラジカル(活性酸素)

光老化のもうひとつの原因はフリーラジカルです。

フリーラジカルは、不安定で攻撃的な物質で皮膚を「酸化」させてしまいます。

「酸化」の身近な例としてリンゴを切った際の色の変化があります。

切ったばかりのリンゴはみずみずしく、キレイな色をしています。

ですが、しばらく放置すると茶色く変色してしまいます。

このリンゴの変化を起こしているのが「酸化」です。

金属が錆びることも、ワインが酸っぱくなってしまうことも、お茶が茶色く変色してしまうことも同様の酸化現象です。

このような身近な酸化現象が皮膚内部でも起こり、そのために皮膚細胞が本来の正常な働きができなくなることが「光老化」の原因となるのです。

 

■フリーラジカル(活性酸素)から皮膚を守るために、毎日抗酸化物質を皮膚に塗りましょう

 

■ダメージ肌の補修には毎日ビタミンAを皮膚に塗りましょう

 

昨日、今日とで皮膚の老化の原因、そして対処法↑まで一気に書いてしまいました。

お肌を美しく維持するためにするべきことは、とってもシンプルです。

 

紫外線を防ぐためのケア(日焼け止め)と、エンビロンを毎日塗り塗りしてくださいね。

関連記事

  1. 目の周りのシワが ”まったく無い” 50代のお客様

  2. 肌トラブルの原因 その2

  3. 徹底的に肌の老化を予防する!!

  4. 乾燥が気になる季節へ・・

  5. たるみ、乾燥肌にはペプチド補給を!!

  6. 一番最初に老けて、一番最後にキレイになるのが「お顔」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。