ニキビに効果的なアプローチ、9つ!!

ニキビとはななんですか?

ニキビは皮脂などによってアクネ菌(アクネ桿菌)が増え、つまった毛穴が膨らんだ状態のことを言います。

つまり ”皮脂” や ”アクネ菌の増加”、 ”毛穴のつまり”などが原因です。

(※以下、アクネ桿菌をアクネ菌と表示しています。)

今日はニキビに有効なアプローチをまとめてみました。

白ニキビ、黒ニキビに有効なアプローチ 5つ!

赤みを伴わないニキビ(白ニキビ、黒ニキビ)には↓このような対策と有効成分が効果的です。

 

◎過剰な皮脂分泌の抑制

毛穴のつまりとなる角栓やアクネ菌の増悪となる皮脂の分泌を抑えることが必要です。

ビタミンAをはじめ、ナイアシンアミド(ビタミンB3)、ビタミンB5、アクナシドールなどの皮脂分泌を調整する成分が有効です。

(エンビロンジェル、セラム、クリームなど)

 

◎抗菌作用

アクネ菌の活発化を抑えることが必要です。

ティーツリー葉油や乳酸、アクナシドールなどの抗菌作用のある成分が有効です。

(デリケートシリーズなど)

 

◎角質ケア

毛穴のつまりの原因となっている角質の厚みを取り除くことが必要です。

AHA(乳酸など)やBHA(サリチル酸など)といった角質ケア作用をもつ成分が有効です。

ちなみに乳酸はクリーム状の基材でお肌の表面を覆い放置することで(ヴァイブランスマスクなど)、表皮に適度な刺激を与え、成長因子を放出させます。

これによって皮膚の代謝が促され、角質のつまりが取り除かれます。

↑ヴァイブランスマスクが美しくなるのはこういう作用があるからですよ♪

 

◎毛穴の皮脂の除去

毛穴のつまりの原因である酸化し固まった皮脂を取り除くことが必要です。

皮脂を溶かしてくれる作用のあるミネラルオイルと、皮脂を吸着する作用があるカオリンが有効です。

(クリアスキンオイル、アクアオイル、クレイテックマスクなど)

 

◎ホルモンコントロール

男性ホルモンや黄体ホルモンの影響で過剰な皮脂分泌となっていることが原因ですので、そのホルモンの分泌を正常化するケアが必要です。

これは食生活からの改善が必要なので、腹を据えて取り組む必要があります!

 

赤ニキビに有効なアプローチ 4つ!

 赤みを伴うニキビ(赤ニキビ)には、赤みを伴わないニキビ(白ニキビ、黒ニキビ)に必要なアプローチをベースに、さらに以下のような対策を強化することが効果的です。

 

◎抗酸化作用

白血球のアクネ菌の除去の際に発生するフリーラジカル(活性酸素)を除去することが必要です。

抗酸化作用がある抗酸化物質が有効です。

(Cブーストなど)

 

◎ダメージを受けた皮膚の補修

フリーラジカル(活性酸素)やアクネ菌由来の皮膚内部を傷つける物質によって、ダメージを受けた皮膚の補修が必要です。

細胞を正常化し、表皮、真皮を補修するビタミンAが効果的です。

(Aブーストなど)

 

◎抗炎症作用

毛穴の内部が破壊され傷ついた際に発生した炎症反応を抑える必要があります。

抗炎症作用があるティーツリー葉油やナイアシンアミド(ビタミンB3)が効果的です。

(デリケートシリーズなど)

 

◎ニキビ痕の補修

ニキビが落ち着いた後にみられる凸凹(瘢痕)やシミ(色素沈着)を補修する必要があります。

ビタミンAやビタミンCにより痕になった皮膚を補修します。

ビタミンAやビタミンC・乳酸などの肌を明るくする成分が効果的です。

また乳酸はクリーム状の基材で皮膚表面を覆い放置することで、表皮に適度な刺激を与え、成長因子を放出させます。

これによってコラーゲンの生成が促され、痕になった皮膚を補修します。

(ジェル、セラム、クリーム、Cブースト、ヴァイブランスマスクなど)

 

 

暑くなると皮脂も増えます。

ニキビができやすい方は、↑ぜひ対策してみてくださいね。

関連記事

  1. オイリー肌の人は特に!角質ケアを!

  2. 目の周りの黒ずみが気になる人

  3. 夜用集中ケアで「乾燥肌」対策!

  4. 鼻の毛穴が一番キレイになるコース

  5. 乾燥肌やシワを補修する

  6. 手の乾燥

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。