油は控えるよりも、良い油を摂ることが大切

薔薇屋の公式LINEで、なでしこサプリの「向日葵」「あやめ」のクーポンを発行しています。

クーポン期限が明日20日(日)までなので、今日は「向日葵」の特徴と油について書いてみようと思います。

 

炎症は老化の元凶と言われています。

油と炎症はとても関係があるのですよ!

戦後、日本のライフスタイルが激変し、食生活も欧米化しました。

ごはんよりも手軽なパンやパスタを食べる回数の方が多くないですか?

食品添加物の蔓延・農業の近代化により、アレルギー体質生活習慣病の方も増え続けています。

 

なでしこサプリの「向日葵」は、完全植物性オメガ脂肪酸のアレルギー体質や生活習慣病をサポートするサプリメントです。

 

【向日葵の内容成分】

亜麻仁油

沙棘果実油

ボラージ油

CoQ10L-ビオチン

ビタミンE

ビタミンA

3年熟成発酵エキス

 

さて、ここから本題です。

知っていて絶対に損はない!!内容です。

長いですが、おつきあいいただけたら嬉しいです💛

 

体内で合成できない必須脂肪酸

オメガ3やオメガ6は体内で合成できないため必ず食事から摂らなければいけません。

脂肪酸は細胞膜や脳神経細胞や目の網膜やホルモンの原料となります。

 

トランス脂肪酸など質の悪い油を摂ったり、オメガ3とオメガ6の摂取バランスが悪いと炎症が起こりやすい体質になってしまいます。

 

炎症は老化の元凶と言われ、様々な慢性病の引き金となってしまいます。

他にも脂肪酸は心血管系、冷え、便秘、乾燥肌、脂肪燃焼ダイエットに役立ちます。

脳の半分は油で組成されてることから学習能力や集中力にも影響を与えます。

油は控えるよりも良い油を摂ることが大切です。

 

驚愕の還元反応

オメガ6の摂取過剰、オメガ3の摂取不足、トランス脂肪酸の摂取、血糖値の乱高下、抗酸化力不足などアレルギー体質になるためには、準備が必要です。

(↑これがアレルギー体質になるための準備です)

 

アレルギー体質を改善するためには、その逆を実行すれば良いわけです。

 

そのためには、日々の食生活を改善し、バランス良く必要な栄養素を摂取しなければいけません。

 

 

なでしこさぷり「向日葵」は現代人が摂取しにくいオメガ3とオメガ6を最適なバランスで配合されています。

原料は亜麻仁やボラージという植物に由来し、単体で非常に薬効の高い植物です。

ヨーロッパで流行している美肌オイル7は沙棘果実より抽出したものです。

またソフトカプセルに封入する際の混ぜ油には、工場支給のものではなく最高級のオリーブオイル「オメガ9」を採用しています。

酸化防止対策としてビタミンEとビタミンAだけでなくCoQ10も配合しています。

油は「光、熱、空気」に弱い性質を持ちますので、その他もろもろの酸化防止対策を実施することにより徹底して摂る時まで新鮮さを保てるように設計しています。

エイコサノイド理論の構築から、完璧な配合と作り方により類似のオメガ脂肪酸サプリとは一線を画す自信作のオメガ脂肪酸サプリが完成しました。

日々摂っているとお肌の状態や体調に体感が少しずつ出てくるので、健康作りはもちろん、特にアレルギー体質の方にはとてもたくさんの方に喜んでいただいてます。

 

 

まずは食事が大切です。

私は毎日の食事に合わせてサプリ飲む量を調節しています。

例えば「向日葵」の場合は、食事で良い油をしっかり摂れた日は少なくして、悪い油を摂ってしまった日は多めに・・・。

 

私は若い頃の食生活が最悪だったので・・、30代後半くらいから少しずつですが、できることから改善しています。

そのせいか、若い頃より疲れにくくなりました。

アレルギー性鼻炎が出てくる回数もグンと減りました。

 

何を取り入れるか、何をチョイスするか、情報がありすぎて迷いますよね。

ご興味ある方は、いつでもご質問、お問合せくださいね。

関連記事

  1. ニキビ用、しわ&たるみ用 本来の使い方で良いのでは?

  2. お肌のトラブルと栄養 つづき

  3. スキンケアの見直し ~一番大切なポイント~

  4. 冷房で肌が乾燥する人

  5. 「なでしこサプリ」の質問がかなり多いので・・

  6. プラセンタの日焼け止め、使ってみた感想

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。