肌が敏感な時、元に戻った時

花粉でやられている方が増えましたね。

天気の良い日なんかは特に辛い方多いですね。

花粉で鼻水が出る人、目がかゆくなる人、いろいろいらっしゃいますが、肌が敏感になる方も多いです。

 

エンビロンのキー成分ビタミンAは、お肌が元気な時に塗ると、めちゃくちゃキレイになります。

でも、お肌が敏感な時は、ビタミンAが刺激になる場合があります。

ですので、お肌が敏感な時はビタミンAの濃度を下げる場合があります。

↑この時に大活躍するのがデリケートシリーズです。

お肌の敏感さによって、ビタミンAをゼロにしてしまう場合もあります。

 

※お肌の状態によって、いろんな使い方があるので敏感になった時はご自身で判断せずエンビロンサロンにご相談くださいね!!

 

花粉の季節が過ぎてお肌が元に戻ってきたら、濃度を下げたり、お休みしていたビタミンAを元に戻します。

ですが、ここで注意が必要です!!

 

たとえばデリケートシリーズで2週間以上過ごした場合、元のビタミンAの濃度に急に戻さないでくださいね。

クリーム4番やセラム4番をずっと使っていたとしても、デリケートシリーズで2週間すごしたら、お肌の中のビタミンAの濃度は下がっています。

そこに高濃度のビタミンAを放り込むと、レチノイド反応が出る場合があります。

 

ずっと4番やったし・・・と思われるかもしれませんが、そんな時はエンビロンを始めた頃のA濃度の上げ方を思いだしてくださいね。

また1番や2番から濃度を上げていくのが理想的ですが、デリケートシリーズを混ぜて、うまく調節しながらゆっくり濃度をあげることもできます。

そんなに難しいことではないのですが、元に戻すときもぜひご相談くださいね。

 

■敏感になったらA濃度をさげることもある

■A濃度を下げて時間が経っている場合、急に元のA濃度にあげない

 

↑ということを頭の片隅に置いておいてください。

頭の片隅に置かなくても、その都度、岡田にご連絡いただければ・・・♡と思います。

 

花粉、辛いですが、臨機応変にケアをして乗り越えましょうね~。

(私は黄砂にやられております)

関連記事

  1. 実はそのケアが「たるみ」や「乾燥」の原因になっている

  2. 70代でも、あっという間につやつや

  3. 皮膚の老化について

  4. ビタミンAでシミが薄くなる理由

  5. 肌老化やニキビにおすすめ

  6. 【SPF15】と【SPF50】の差はわずか5%!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。