プラセンタって何??

プラセンタ配合の化粧品・・、プラセンタ配合のドリンク・・。

プラセンタという言葉はよく耳にされると思います。

現在プラセンタは様々な分野で大活躍しています。

薔薇屋では老舗のプラセンタ製造メーカーの、高品質のプラセンタを取り扱っています。

では、プラセンタって一体何なのでしょう?

 

今日はプラセンタについて徹底的に書いてますね。

多分長くなるので、何日かにまたがりそうですが・・・。

マニアックな知識が欲しい方はぜひ読んでみてくださいね♪

プラセンタとは胎児の発育成長に必要不可欠な、女性だけが持つ組織のことです。

日本語では「胎盤」とも言います。

 

この組織は小さな一個の受精卵をわずか10カ月の間に一人の人間に育て上げる驚異的な働きを持っています。

ですから胎盤(プラセンタ)には各種栄養をはじめとする、胎児の成長に必要な物質がギッシリと蓄えられているのです。

 

プラセンタは母体において、酸素や栄養分を胎児に与えるだけではありません。

器官の働きが確立していない胎児に代わって、肝臓の役目、腎臓の役目、肺機能の役目など、数多くの働きをします。

まさに神秘性を秘めた偉大なる臓器なのです!!

プラセンタの偉大な働きをいち早く知っていたのは野生の動物かもしれません。

出産直後の動物は、肉食動物だけでなく草食動物までもが自らの胎盤を食べてしまいます。

おそらく栄養素の豊富な胎盤を食べることによって、出産で低下した体力を補うという本能的な行動なのでしょう。

 

中国では3世紀頃の大昔から胎盤はペーストや軟膏と混ぜて薬用に利用されていたと言います。

秦の時代の始皇帝も不老長寿の薬として珍重していたと記録されています。

胎盤は中国では「紫河車」という名で幅広く活用されてました。

 

日本においては加賀の三大秘薬の1つである「昆元丹」に、不老長寿の薬として使われていたと言います。

そして現在、科学的研究が進みプラセンタの素晴らしい働きが次々と解明されてきました。

 

医薬治療分野を始め、健康食品、さらに化粧品にまで及ぶ広い範囲でプラセンタの偉大なる働きが注目されています。

 

 

やはり長くなりましたので、続きはまた明日・・。

まだまだ続きます。

かなりマニアックな内容になりますが、よろしければおつきあいくださいませ♪

関連記事

  1. 毛穴・ニキビ・メイク崩れにも!!

  2. 老化はシミよりもシワの影響の方が大きい

  3. 一度塗ったらやめられない「プラセンタのお粉」

  4. 自宅で老化対策!最強アイテム その2

  5. シミも薄くなるし、肌も白くなる

  6. こんな極上のプラセンタマスクもあります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。