戸隠神社 続き

昨日の続きです。

日帰り弾丸 長野県・・・、戸隠神社の五社めぐり、いよいよ最後の2社。

奥社へ。

奥社までの参道がなんと2キロもあるんです。

真っすぐの参道を片道約40分歩きます。

入口のところに↓こんな看板が・・・。

熊、怖いですねぇ。

でも人が多い時間帯は多分大丈夫でしょう。

↑長野県の森って、なんか可愛いんですよ。

明るくて、とても気持ち良いです。

↑ちらほら紅葉しはじめてました。

キレイですねぇ。

 

↑ピクニック気分を味わえる明るい道だったんですけど、随神門の手前から急に空気が変わります。

「あ、ここから空気が変わった。」ってわかるくらい。

 

↑有名な随神門です。

参道を歩き始めて、ここまでが約1キロ。

随神門から奥社までが約1キロです。

↑随神門の屋根にも植物がびっしり生えていました。

ほんとに自然豊かです。

 

↑小さな人間たちが見えますか?

200本以上の杉の巨樹が続く杉並木です。

圧巻です。

徳川家康の側近の天海が発給した「越後・信濃両国天台宗法度はっと条々」によって400年近く守られてきた森です。

 

↑こういう穏やかな道があと1キロか・・・と思ってたら、まさかの最後の10分くらいが登山のような険しい道になりました。

心の準備をしてなかったので、ちょっとビックリするくらい山道でした。

ヒーヒー言いながら登りました。

↓到着!!

登った先に、戸隠神社奥社九頭龍社がならんでいます。

頂上はまた独特な空気でした。

気持ち良くてしばらくボーーーっとしました。

奥社に行ってから知ったんですが、五社全部めぐって御朱印をいただいた人は、五社巡りのしおりをいただけます。

もちろん私もいただけました。

カッコイイ栞でしたよ。

嬉しい。

 

 

↑これは帰り道から見た随神門です。

名残惜しいので、いっぱい写真を撮りました。

相変わらず人間が小さく見えますよね。

とっても大きいスギの木でした。

 

念願の戸隠神社、ゆっくり参拝できて良かったです。

天気も良くて、寒すぎず、最高でした。

 

参拝がすべて終わったのが14時くらい。

せっかく信州に来たので、おそばを食べて帰ろうということに。

戸隠神社のあたりは、お蕎麦屋さんだらけなんです。

「戸隠そば」が有名みたいです。

特にリサーチしていなかったので、並んでいる店なら間違いないだろう、ということになり・・。

そばの実さんに決定。

お昼時は過ぎてましたが、かなり並んでました。

でもここ、駐車場のナンバーを書いておいたら、車の中まで呼びに来てくれるんです。

ちょっと肌寒かったので、車で待ててありがたかったです。

↑お蕎麦はめちゃくちゃ美味しかったです。

信州の蕎麦ってやっぱり美味しいんですねぇ。

残念ながら十割蕎麦は売り切れてましたけど、普通のざるでもじゅうぶん美味しいです。

↑辛大根と梅の蕎麦。

これも美味しかったです。

 

満腹、満足で、帰路につきます。

 

↑長野県のサービスエリアから見た空。

空がとても広く感じました。

 

15時半くらいに出発して、京都に着いたのが21時すぎでした。

ほんとに弾丸で、ハードでしたが、大満足の日帰り長野県でした。

 

戸隠神社、ほんとにほんとに行ってみたかったので、こんなに早く願いが叶って嬉しかったです。

長々とおつきあいいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 2020年 恵方参り

  2. 竹生島 都久夫須麻子神社

  3. お朔日参り 今宮神社のあぶり餅

  4. 新月の日にお参り

  5. 二葉葵 育成プログラム 1年後

  6. 日枝神社と赤坂氷川神社へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。