夏にありがちな間違ったスキンケア

夏にありがちな間違ったスキンケア、ダントツで多いのが↓この2つ。

1.洗い過ぎ

2.保湿不足

 

1番は、皮脂や汗でべたつくので、洗顔をしすぎてしまうパターンです。

強い洗顔、洗顔のしすぎは、肌荒れ、ベタつきの原因になります。

 

2番も、肌がベタベタするので、保湿できていると勘違いしてしまって保湿を怠ってしまうパターンです。

もしくは、ベタベタするのは保湿しすぎてるからだ!と間違った判断をしてしまって、保湿がおろそかになるパターンです。

これは、もちろん乾燥肌の原因になります。

そして、肌がしっかり保湿されてない事によって、余計にベタつきます。

毎日こんなに陽射しが強いと、外側はベタついていても、内側はかなりダメージを受けてますので、保湿しすぎくらいでちょうど良いですよ。

 

 

洗顔はいついかなる時も、優しく、優しく。

保湿は毎日丁寧に、適量をお肌に与えてあげてくださいね。

 

正しいケアをこつこつ続けてあげてください♪

関連記事

  1. 首のこり、肩こり、二重あごにも♪

  2. 美しすぎる39歳のお肌

  3. 70代でも、あっという間につやつや

  4. きれいな肌を作るために

  5. 乾燥肌を予防する準備

  6. 必要以上にたっぷり塗る必要はないですよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。