シミだけじゃない!ビタミンCはたるみにも◎

ビタミンAの記事が続きましたが、今日はビタミンCのお話です。

シミ、たるみが気になる方、ぜひ読んでくださいね。

ビタミンC=美白 のイメージですよね。

もちろんビタミンCは美白には欠かせないビタミンです。

ビタミンCはなぜ美白効果があるのか?

 ビタミンCはメラニンを作る上で必要なチロシナーゼという酵素の働きを妨げてくれます。

チロシナーゼの働きを妨げることで、メラニンが作られるのを抑えてくれます。

ちなっみに、ビタミンC以外にも乳酸やアルブチン、リノール酸、トラネキサム酸、ハイドロキノンなどもチロシナーゼのはたらきを抑える美白成分ですよ。

また、ビタミンCは黒くなったメラニンを白くする作用もあります。

 

 

↑このような美白効果が期待できるビタミンCですが・・・。

お肌の奥の繊維芽細胞という、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が作られる工場を活性化してくれる働きもあるのです。

繊維芽細胞を活性化することで、より多くのコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が生成され、お肌のハリ、弾力、保湿を高めてくれます。

ビタミンCはたるみや乾燥肌にも効果的なんです。

 

 

それだけじゃないんです。

ビタミンCはビタミンEを再活性化しますので、ビタミンEを再利用することで、抗酸化作用や脂質の酸化防止を強化してくれます。

抗酸化作用=肌のサビを止めてくれます

ビタミンCも良い仕事をしてくれますね。

エンビロンのジェルやクリームにはビタミンAだけじゃなくてビタミンCも含まれてます。

 

ただ、ビタミンCは貯蔵することができないため、毎日補給が必要です。

↑いつものケアにCブーストをプラスしてあげるのもおすすめです♪

関連記事

  1. ビタミンAはいつから使いはじめると良いのか?

  2. 肌の老化を予防する抗酸化物質

  3. ざらついた肌や毛穴のつまりに

  4. トーナーが痛い人の対策 3つ

  5. 老化肌にビタミンAが必要な理由

  6. 無難な化粧品は、無難な効果しかでません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。