免疫力のお話

昨日は朝から志村けんさんの訃報を聞き、とても悲しかったです。

残念で悲しい。

ショックを受けてない人はいないんじゃないか、というくらい偉大な方でしたね。

人にも動物にも優しい志村園長が大好きでした。

志村けんさんのご冥福を心より心よりお祈りいたします。

 

 

新型コロナウイルス、まだまだ終息しそうにありません。

今、できることをするしかないですね。

 

よく食べて、よく寝て、運動をして、よく笑う!

ウイルス感染が広まる今こそ免疫力をUPしていく必要があります。

 

ご来店くださったお客様にも「免疫力をあげるにはどうしたら良いですか?」という質問をいただきます。

濃厚接触をした方でも感染している人としていない人がいたり・・・。

なぜ感染する人としない人がいるのか・・それは免疫力の差ではないでしょうか。

 

持病がある方や、糖尿病の方やお年寄りは免疫力が低いために感染しやすいといわれています。

ですが、若者でも感染は広がっています。

なぜ免疫力のありそうな若者でも感染するのでしょうか。

それは、若い方でも食生活の乱れや、不摂生、さらに貧血もあり、免疫力が低下している方が増えているからと考えられます。

 

では、貧血状態だとなぜ免疫力が低下するのでしょうか?

人によっては年中体調が悪かったり、1年に何回も風邪をひいてしまう方もおられます。

 

貧血と免疫の関係

貧血で鉄分不足になると、ウイルスを殺すための活性酸素を作れなくなります。

そのため、なんでもないようなウイルス(たとえばヘルペスウイルス)ですらやっつけられないようになってしまうこともあります。

 

なので、貧血対策は本当に大切なのです。

自分が貧血だと自覚してない人が多いのも心配です。

血液検査でわからない「隠れ貧血」の方は、ほんとにほんとに多いんですよ。

 

貧血は、細胞が酸欠の状態です。

細胞がずっと首を絞められているような状態なんです。

それでも私たちの身体はだまって動いてくれているのです・・。

ウイルス対策メニュー (これは、なでしこサプリ愛用者の方へ)

↑ときわ 6~10個/日

ときわは抗酸化力を上げてくれるために、免疫細胞が元気になるため必要です。

 

↑あやめ 4~8個/日

あやめは有害ミネラルを排出、免疫細胞を分裂させ白血球を増やしやすくしてくれます。

※便秘がある方や、外食が多い方は多めに

 

↑藤紫 4~6包/日

藤紫は免疫細胞のエネルギー源になります。

※今現在少量で飲んでいる方は食後にプラスし、徐々にふやしてください。

 

 

もちろん食事をできるだけ整えることが一番大切です。

食事を突然改善しても、今までの積み重ねで身体の回復はなかなか追いつきません。

そのために、サプリメントを使う、という感じです。

 

あと、貧血の方は

↑紅梅も必須です。

今までの鉄サプリの問題点(吸収が悪い、胃が荒れる、酸化しやすい、結果が出ない)をすべて解決したヘム鉄のサプリです。

 

 

最後に、免疫力を簡単に下げる方法もお伝えしておきますね。

◆睡眠不足

◆ストレス

◆冷え

この3点は一瞬で免疫力低下につながりますのでご注意ください。

 

ちなみにストレスは環境だけでできるのでありません。

身体に栄養が足りなくてもストレスがたまりやすくなります。

栄養をしっかり摂るための食事はサロンでいつでもお伝えしますので、お気軽にお声かけくださいね。

今は無理をせず、免疫をあげてウイルスの広まりがおさまるまで様子を見ていきましょう。

関連記事

  1. 久しぶりの研修、新大阪へ

  2. 刺身は刺身でも・・・

  3. 二の腕のザラザラ、ブツブツの原因

  4. たるみ、乾燥肌にはペプチド補給を!!

  5. 「#腹筋女子」もファスティング

  6. 脂質と女性ホルモン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。