肌がキレイだからノーファンデなのではない

私、今年の夏から日焼け防止のため、外に長時間出る時だけファンデーションを塗るようになりました。

もちろん肌に負担がかからない「塗ってる方が肌に良い」とまで言われているファンデーションです。

↓ジェーンアイルデールの優秀すぎるファンデーション。

今も、自宅とサロンの往復だけで、外に出る用事がない時は、相変わらずファンデーションは塗りません。

もともと肌に塗るのは好きではないのです。

 

ということで、普段はエンビロンのラドローションと、雪美人フェイスパウダールーミナス(プラセンタパウダー)だけです。

エンビロン ラドローション

ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化物質たっぷりの美容液のような日焼け止めです。

 

雪美人フェイスパウダールーミナス

プラセンタパウダーをヒアロンパウダーで包み込んだ、信じられないくらい贅沢で上質なお粉です。

 

少しでも外を歩く時はジェーンアイルデールのファンデーションを。

夜までサロンに缶詰の時は、ラドローションとプラセンタパウダーを。

と、臨機応変に使い分けています。

 

薔薇屋に来てくださったお客様は私の肌を見て「え!!ファンデーション塗ってないんですか?」と驚かれます。

エステサロンをしているから、そんなにつやつやなんですねー、とも言われます。

 

ノーファンデの経験が無い方は「ノーファンデは肌がキレイだからできるんでしょ。」と思いがちです。

でも、それは違うのです。

ノーファンデにするから、お肌がキレイになる(見える)のですよ。

 

エンビロンを正しく使っていると、勝手にお肌にツヤがでてきます。

そのつやをそのままにしているだけなんですよ。

ファンデーションはせっかくのツヤまで隠してしまいますからね・・・。

(ファンデーションにもよりますが)

 

私はこのブログで何度も何度も書いていますが、お肌にはコンプレックスだらけです。

ニキビ痕、毛穴、オイリー肌、などなど。

でも、お肌を褒めていただくことが多いんですよ。

これは、ひとえにエンビロンによる「つや」の御陰様だと思っています。

 

エンビロンでお肌が整ってきた方は、ぜひノーファンデの日も作ってみてくださいね。

もちろん、日焼け止めは冬でもお忘れなく!!

 

素肌がキレイになると、ファンデーションで「隠す」よりも、つやで「とばす」方がほんとにキレイに見えるんですよー。

関連記事

  1. エンビロン研修会

  2. エンビロンの商品購入だけでも良いのですか?

  3. 皮脂による毛穴のつまりは、これで解決!

  4. 無難な化粧品は、無難な効果しかでません

  5. 一番最初に老けて、一番最後にキレイになるのが「お顔」

  6. シワのできる原因と、シワを作らない対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。