老化の原因「活性酸素」が消えた!!!

前置きが長いのですが、後半に実験が出てきますので、ぜひ最後までおつきあいください。

 

光老化の原因のひとつは紫外線です。

そしてもうひとつの原因が「活性酸素(フリーラジカル)」です。

活性酸素は不安定で攻撃的な物質です。

活性酸素が皮膚を「酸化」させてしまうので、老化が進むのです。

 

たとえば↓こんなにキレイなリンゴも、放置しておくと茶色くなりますよね。

りんごが茶色くなるのも「酸化」です。

 

たとえば↓鉄が「酸化」すると、こんな風に錆びてしまいます。

これも「酸化」です。

 

このような身近な「酸化」がお肌で起こってしまうと、皮膚が本来の働きができなくなります。

それが「光老化」の原因となるのです。

お肌だけではなく、身体の中でも同じことが言えます。

 

ちなみに、ただ息をしているだけでも「酸化」するのですよ。

怖いですね。

私たちが呼吸している酸素のうち約2%は活性酸素になってしまうと言われています。

 

ただし、普段呼吸する時に発生する活性酸素は、私たちの身体が持っている酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)などによって無害化することができています。

良かった・・・。

 

でも!!呼吸以外で紫外線、排気ガス、タバコの煙、環境汚染、ストレス、化学物質などによっても活性酸素は発生します。

発生する原因が多ければ、それだけ老化する、ということです。

お肌にとって、紫外線は特に大きな影響を与えています。

 

 

そんな恐ろしい活性酸素に対抗してくれるのは、抗酸化物質です。

お肌に関しては抗酸化物質を毎日塗り続けることが重要です。

体の中も、抗酸化物質を食事で入れてあげるのが一番大切です。

 

 

前置きだけでこんなに長くなってしまいました。

いよいよ本番です。

 

今日は最近私が飲み始めた抗酸化物質のサプリの威力を見ていただきたくて、実験をしてみました。

今回は、イソジンで実験してみました。

イソジンの酸化反応は活性酸素をたっぷり生むので、紫外線があたって活性酸素が発生したと仮定してみます。

↑よくあるうがい薬のイソジンです。

 

↑私の絵心はスルーしてください。

ほっぺにイソジンを塗ってみました。

ほっぺに活性酸素発生!!

 

↑これが、私が最近飲み始めたサプリです。

 

↑これはただのお水です。

サプリをカプセルから少しだして、水で溶いてみます。

サプリを溶かした水を、先ほどのほっぺのイソジンに塗ってみました↓。

↑イソジンを塗った部分が、下の紙までしみ込んでましたが、サプリを塗ったら真っ白に戻りました!!

すごくないですか?

老化の原因「活性酸素」がサプリを塗った部分だけ消えました。

 

↑サプリを塗って白く戻ったところに、もう1滴イソジンを垂らしてみましたが、茶色には戻りません。

 

抗酸化作用がすごいでしょ??

ほんとはこの実験、動画で撮りたかったのですが・・・。

一人では難しかったので、画像になっちゃいました。

 

サロンに、イソジンとサプリを置いてますので、生で実験を見たい人はぜひお申し出くださいね。

ぜひ見て欲しい!!

 

今日は長いブログになりました。

最後まで見てくださってありがとうございます。

関連記事

  1. 旬の果物を食べる

  2. 板前さん、再び・・・

  3. 肌トラブルの原因 その3

  4. 油を常温で保管していいのはなぜ?

  5. デリケートな油 のお話

  6. 刺身は刺身でも・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。