ビタミンB群とお肌の関係を知って欲しい

ビタミンB群とお肌の関係。

ちょっと固い内容かな。

でも、これを読んでくださっている方の、何かの糧になれば・・・と思って書いてみます。

 

ビタミンB群の中から、今日はビタミンB5のお話。

ビタミンB5は皮膚に対してどんな効果があるのか??

 

ビタミンB5は科学名称を「パントテン酸」といいます。

スキンケア製品やヘアケア製品ではパンテノール(プロビタミンB5)がよく使用されていますね。

食べものでは、炒り落花生、乾しシイタケ、ひきわり納豆、モロヘイヤ、まつたけ、切り干し大根などに多く含まれます。

ビタミンB5は水溶性の抗酸化物質です。

お肌に対する効果は、皮膚の沈静と保湿効果が報告されています。

お肌のキメを整えて、明るさを保つ効果が期待できます。

 

さらに、皮脂の分解を促す働きがあります。

なので脂性肌やニキビ肌への補修に有効です。

 

ちなみに、エンビロンにもビタミンB5(パントテン酸)は含まれてますよ♪

食事から摂るのも大切ですが、お肌に対しては「塗る」のが一番早いです。

 

お肌にも、身体にも言えることですが「これだけ塗っていれば(摂っていれば)大丈夫」という成分はありません。

抗酸化物質はできる限り多くの種類を補給することが大切です。

ビタミンB5もその中の1つです。

 

明日はビタミンB3でーす。

関連記事

  1. トラブル肌には「自己流」と「我慢」が良くない!!

  2. おでこのシワが気になる人が多い

  3. 老化肌を防ぐ、まず最初の一歩は

  4. 何度も書きます。SPF、PA とは?

  5. 無難な化粧品は、無難な効果しかでません

  6. エンビロンとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。