ニキビができにくい肌へ

ニキビのはじまりは2つ。

「皮脂が過剰に出てしまう」ことと

「新陳代謝(ターンオーバー)が悪くなり角質が厚くなることで皮脂が毛穴につまりやすくなる」ことから起こります。

ビタミンAは皮脂を作っている工場(皮脂腺)にも働きかけます。

その結果、皮脂の量をコントロールしてくれて、過剰な皮脂が抑えられるのです。

 

ビタミンAは、新陳代謝(ターンオーバー)をスムーズにしてくれます。

新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズになると、角質の表面がなめらかになります。

すると、毛穴がつまりにくくなります。

 

こうしてニキビができにくい肌になっていくのです。

 

アクネ菌は皮膚に常にいる菌(常在菌)ですけど、毛穴につまると増殖して悪さをしてしまうのです。

なので、毛穴をつまらせないためにも角質ケアは大切です。

実は、モイスチャートーナーやダーマラックローションを毎日使う事で、知らない間に角質ケアができてるんですよ。

 

 

新陳代謝が悪くなるのは、紫外線の影響がとっても大きいです。

なので、UVケアをしっかりすることが、ニキビケアにもつながるのです。

 

正しいスキンケアを普通に毎日続ける事が、ニキビをはじめ、シミ、しわ、たるみ、毛穴対策につながってますよ♪

 

※ホルモンバランスやストレスなど、身体の内側が原因になっているニキビについては、また別の見方があります。

興味のある方は、お気軽に岡田まで・・・。

関連記事

  1. 目元から老けていく・・・

  2. 実はそのケアが「たるみ」や「乾燥」の原因になっている

  3. 夏にニキビができてしまう原因は?

  4. 気温と湿度と毛穴の開き など

  5. 同じ化粧品を使い続けても肌が慣れない理由

  6. おでこにプツプツが出来た原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。