日焼けせずに白い肌を保てる日焼け止め

例年よりもかなり遅くに梅雨がやってきましたね。

梅雨入りしたとたんに湿気がジメジメ。

いやですねぇ。

 

雨降りだとUVケアを怠りがちになりますが、紫外線はたっぷり降り注いでいます。

油断は禁物です。

私、紫外線が強くなると、やっぱり「ラドローション」の記事を書いてしまうのです。

優秀すぎて。

この優秀さを知らないのはもったいないです。

どれくらい優秀な日焼け止めか?を知っていただくために、今日はラドローション愛用者からのお声を書いてみますね。

 

ラドローション愛用者からのお声

 「毎日ラドローションを使っていたら、日焼けせずに白い肌が保ててます。

「洗顔後のごわつきもなくて肌にやさしいので好きです。」

「朝用美容クリーム感覚で1年中安心して使ってます。

「日焼け止め特有の匂いが苦手だけど、ラドローションは匂いがそんなに気にならないのがいい!

「日焼け止めなのに乾燥しない。

「ラドローションを使っていると、自然なつやっぽさがあって肌をほめられます。

 

 

↑嬉しいお声です。

ラドローションが優秀なところは、他にもありますよ。

夏の紫外線対策としてはもちろん、抗酸化物質(ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン)配合でフリーラジカル対策もOKです。

美容クリームのような日焼け止めなので、お子様も一緒に家族みんなで使えます。

お肌に優しいので、どうしてもSPF50を使いたい人は、ラドローションを下地に塗るのもおすすめです。

SPF50からラドローションがお肌を保護してくれます。

 

 

ただし、ラドローションはウォータープルーフではありません。

なので、汗には弱いです。

(汗をかきやすい人は、出かける前にラドローションで、化粧直しは水に強いパウダーミーがおすすめです。)

 

☆ラドローションはCブーストや、クリームを少し混ぜるとお顔全体にひろげやすいですよ。

 

 

毎日つける日焼け止めなので、肌に負担のかかるものではなく、肌に優しいけどしっかりUVケアできるものをチョイスしてくださいね。

美しいお肌を作るためには、毎日コツコツ地道な積み重ねが大切です。

関連記事

  1. ビタミンB3とお肌のマニアックな話

  2. エンビロンのもったいない使い方

  3. なぜ、ビタミンAで乾燥しない肌になるのか

  4. 肌の老化について

  5. エンビロン よくある質問

  6. お肌のビタミンAが失われる時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。