ビタミンAは皮膚にどんな効果があるの?

ビタミンAは科学名称を「レチノール」と言います。

うなぎ、鶏、ぶた、牛の肝臓、あんこう(きも)、ほたるいか、ぎんだら、すじこ、バター、ウズラ卵などに多く含まれてます。

(↑普段毎日摂らないですよね。)

なのでビタミンAは、お肌に直接塗るのが一番てっとり早く、確実です。

 

 

 

 

 

 

ビタミンAは皮膚の細胞を正常化する働きがあります。

つまり、お肌を本来の美しさに戻してくれる働きがあるんです。

ほとんどの人が、シミやシワなどは「年だから」できていると思っていますが、それは違います。

紫外線などでお肌のビタミンAが壊れるから↑できてしまうんです。(光老化といいます)

ビタミンAは、シミ、シワなどのエイジングケアを行う上で必要な表皮や真皮を補修する効果があります。

また、光老化対策として絶対に必要な紫外線防止効果も持ってるんですよ!

(紫外線防止効果をもっているのは、パルミチン酸レチノールという種類のビタミンAです)

 

さらに!

皮膚ガンの予防や遺伝子に作用して皮膚の修復が早まるといった報告もあるのです。

 

お肌を美しく保つためにも、健康に保つためにも、ビタミンAを毎日補給するのは必要不可欠なのです。

関連記事

  1. シミ、しわ、たるみの原因「SPFとPA」って?

  2. ビタミンAはいつから使い始めるとよいの?

  3. エンビロンの新しいコース、はじめました

  4. シワを防ぎたい!!

  5. ヒアルロン酸が減少すると肌は老化する

  6. 肌の老化を予防する抗酸化物質

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。