キャベツのパワー

薔薇屋では栄養学の話になると、お客様に「生のキャベツを毎日食べてくださいね。」と、いつもお伝えしています。

(他にも何種類か食べて欲しいものをお伝えしています。)

 

今日は、そんなキャベツのお話。

健康野菜と言えば、色の濃い緑黄色野菜を思い浮かべる方が多いかと思います。

でも、今、淡色野菜であるキャベツに注目が集まっているのです。

(大根やブロッコリーやキャベツのようなアブラナ科の野菜に注目が集まっています!)

 

キャベツには、豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷり入っています。

(食物繊維は酵素のによって分解され、大腸のエネルギー源となります。)

 

特にアブラナ科野菜特有の成分「イソチオシアネート」がダントツで高含有しているのです。

 

イソチオシアネートとは

●異常化した細胞の増殖を抑え、ガンの発生を防ぐ

●肝臓の解毒作用を高めることで、有害な発がん性物質の発生を防ぐ

という素晴らしい効能があります。

 

 

キャベツには「イソチオシアネート」の他にもすごい成分が入っているのですよ。

スルフォラファン

ファイトケミカルの一種で、ブロッコリーに微量に含まれる成分です。

解毒力抗酸化力を高める作用があることが報告されています。

 

ビタミンU

胃腸薬の成分にもなっているビタミンUは、キャベツから発見された成分です。

厳密にはビタミンUは、ビタミンではなくアミノ酸の一種です。

抗潰瘍性機能があるので、胃潰瘍を抑える胃腸薬の成分になるのですね。

(胃の粘膜を保護するなどで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の高い予防効果を持っています。)

 

 

キャベツは、他にもカルシウムやビタミンCもたっぷり含んでますよ。

火を通すと、酵素やビタミンUなどが減少することから、生で食べるのがおすすめです。

 

毎日きざんだ生キャベツを両手に2杯を目安に、たっぷり食べてくださいね。

関連記事

  1. 老けて見える人と、そうでない人の「差」は?

  2. 脂質と女性ホルモン

  3. お肌のトラブルと栄養 つづき

  4. シワの発生を遅らせる栄養素

  5. アレルギー体質の作り方

  6. 毛穴やシミ、しわと栄養の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。