アマン京都

昨日と一昨日と、定休日をいただいてました。

一昨日は、ずーーーっと気になってた書類の山の整理をついにはじめました。

よくもこんなに研修に行ったものだ・・。

15年分くらいの研修の資料をザクっと整理するのに半日かかりました。

 

昔の研修資料を見ていたら、我ながらかなり勉強熱心だなぁ、と思いました。

メモだらけの付箋だらけで、資料を見ながら必死で練習したから汚れまくってます。

もう使わないかもしれないけど、一応置いていた資料も断捨離しました。

スッキリ。

 

 

そして、昨日は友達とアフタヌーンティーへ。

11月1日にオープンしたところの「アマン京都」へ行ってきました。

しょうざんの入り口を通り過ぎて、すぐ左手にありました。

(しょうざん・・懐かしい。)

 

なんと、この場所で構想から20年かかったそうです。

数々のアマンを手掛けてきた建築家・故ケリー・ヒルの最後の作品が、このアマン京都だそうです。

なぜ鷹峯?と思ってましたが、来てみたら、静かで、人も少なくて、ロケーション最高でした。

 

ウェルカムティーなのかな?

アマン京都のオリジナルブレンドのハーブティーがめちゃくちゃ美味しかったです。

そしていよいよ↑セイボリーとスイーツからいただきます。

美しいし、全部美味しいし・・、ちょっと感動。

 

↑ラムレーズンのミニパフェもめちゃくちゃ美味しいです!

 

 

↑プレーンといちじくのスコーン。

しっとりタイプのスコーンでした。

クロテッドクリームと、黒蜜と、みかんジャムでいただきます。

これも全部美味しい。

 

 

↑スコーンで温まったお口を一旦冷ましてください、と巨峰のソルベが・・。

これ、巨峰がゴロゴロ入っていて、美味しい。

 

 

↑お次は、団子。

目の前であぶってくれます。

白玉粉と道明寺粉を混ぜた団子だそうで、とても柔らかい。

みたらしの密と、味噌と、あんこと選べますが、全部のせもいけますよ。

私たちはもちろん全部のせました。

もちろん美味しいです。

 

 

↑お抹茶も目の前でたててくれます。

器も選ばせてもらえますよ。

 

 

↑全部のせてもらったので、三色団子になりました。

 

 

↑一回頼んだお茶をおかわり自由、というのはよくありますが・・。

こちらは、どのドリンクでも何杯でもおかわりできますよ。

 

↑オリジナルブレンド、チャイ、アッサム、などなど、茶葉も見せてもらいました。

 

今まで行ったアフタヌーンティーの中で、一番感動したかも✨

ほんとに、全部繊細で、丁寧で、全部美味しかった。

ここは、また行きたいなぁ。

ランチも行ってみたいなぁ。

 

 

モーニングは宿泊の人しか食べれないそうです。

山の中なので、朝も気持ちよさそうなので残念。

 

ランチ、アフタヌーンティー、ディナーは、宿泊してなくても大丈夫とのこと。

アフタヌーンティーは、14時半~17時半まででした。

↑友達としゃべりまくって、お茶もたくさんおかわりさせてもらって、ゆっくりとさせてもらいました。

帰るころ、まだ17時ですが薄暗くなってました。

 

11月のランチは宿泊の方の予約でいっぱいだそうですが、アフタヌーンティーは日によってはまだ大丈夫みたいですよ。

私たちは、実は当日予約だったのです。

前日に急に決めて、翌朝に予約も無事とれて、タイミングが良かったです。

こういう時間、ほんとにありがたいですね。

 

アマン京都のアフタヌーンティー、おすすめです。

関連記事

  1. 心地よい休日

  2. 楽しい休日

  3. 大原のカフェ アピエさんへ

  4. 赤い陶器が良いらしい

  5. 大原の生落花生

  6. 上賀茂神社へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。