悩ましいファンデーション

私はファンデーションが苦手です。

ありがたいことにエンビロンでお肌につやが出てくると、お粉だけでも十分美しいのです。

そんな私が長年愛用しているのが、こちら。

↑雪美人 フェイスパウダールーミナス

なんと、プラセンタをヒアロンパウダーで包んでお粉になっているという・・。

贅沢このうえないパウダーです。

エンビロンのお肌はノーファンデでもキレイなのですが、さすがにクリームで仕上げた状態だと、お風呂上りみたいになります。

なので、マットにするにはこのパウダーが最高。

乾燥しないし、キメ細かいし、時間が経っても酸化臭がしない。

本当に大好きなお粉です。

 

ですが・・・。

日焼け止めの効果がないので、夏の強い陽射しや、長く外にいる時はやっぱり心配なのです。

ということで、少し前にお肌に優しいメイクアップの取り扱いを始めました。

ジェーンアイルデールです。

 

普段はプラセンタのパウダーを使いますが、長時間紫外線を浴びそうな時はジェーンのファンデーションを使います。

ただ・・・ジェーンアイルデールのファンデーションの種類が多すぎて、チョイスに悩みます。

私はオイリー肌なので、やはりパウダーが良いので↑こちらのピュアプレストベースを使っています。

SPF20です。

↑ピュアプレストベースは、しっかりカバーしながら、つるっとキメの細かいセミマット肌を作れるパウダーです。

ちなみに私はピュアプレストベースですら重いんですよねぇ、肌が。

でも紫外線対策のために塗ってます。

 

他のもちょっとご紹介しますね。

 

↑ピュアプレストベースのパウダー状になっているのがアメイジングベースです。

こちらもかなりカバー力がありますよ。

スキンケアしながら、素肌をメイクできます。

 

↑ジェーンアイルデールのグロータイムミネラルBBクリームです。

BBの人気、根強いですね。

オールインワンって楽ちんですよね。

このBBは、毛穴やシミをしっかりカバーしながら、スキンケア効果もあるという優秀なBBです。

 

 

そしてジェーンアイルデールで一番人気のリキッドミネラル↓。

↑これはね、とにかくお肌がキレイに見えますよ。

艶っと仕上がります。

なんと言っても美容成分が80%なんです。

残りの20%がファンデーション成分。

なので、あまりカバー力はありません。

CCやBBと混ぜて使うのがおすすめです。

 

 

と、ここまででもこんなに種類があるのですが・・・。

さらに最近新製品が登場したんです。

ジェーンアイルデール ビヨンドマット

プライマー(毛穴をうめる)と、コンシーラーを兼ね備えたセミマットなファンデーションです。

天然ペプチド配合です。

エンビロンでもペプチドが大人気ですね。

これはファンデーションなのにペプチドが入ってます。

 

これ、使ってみたんです。

ちょっとビックリ・・・。

まず、しっかりカバーできるのに、重くない!!

私が重くない!と思うのは、相当です。

そして、かなりマットに仕上がります。

さらに、テカリの発生を軽減してくれます!(オイリー肌には特に嬉しい!)

まだありますよ・・・。

なんと、本当に長時間崩れない。

私のオイリー肌でも、かなり長時間崩れません。

ちょっと使ってみてビックリしました。

お肌のトーンが均一になって、毛穴も目立ちにくくなります。

 

さすがにこれを塗ってピラティスを1時間頑張ったら、目尻のシワにファンデーションの線が・・・。

目を強く瞑って、歯を食いしばって、悲鳴をあげながらピラティス頑張ってますので、仕方ないですね。笑

 

さすが新製品ですねぇ。

ちょっと本気で驚きました。

 

こんなに軽くてこんなに優秀ですが、やっぱり一番好きなのはプラセンタのパウダーなんです・・・。

でもビヨンドマットは2位に急浮上しました。

 

ようやくサロンにビヨンドマットのサンプルが届きましたので、ぜひ一度塗ってみてくださいね。

エステの後は、塗りたくない!!という方は、秘策をお伝えします。

 

ファンデーションとは縁がないと思ってたのですが、急にこんなにたくさんのファンデーションに囲まれて、あたふたしています。

エンビロンのお肌は間違いなくすっぴんが一番美しいです。

ですが、ファンデーションも臨機応変に必要だな、と感じた今日この頃でした。

関連記事

  1. ジェーンアイルデール 来ました~。

  2. 世界初!!プラセンタエキスを配合した石鹸

  3. 唇ガサガサがなくなった!

  4. 目のまわりをシワシワにしたくないのなら

  5. ゴルフやテニスでも愛用されている日焼け止め

  6. ご自由に、使いまくってください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。