ビタミンB3とお肌のマニアックな話

ビタミンB3はお肌に対してどんな効果があるのでしょう?

ビタミンB3は科学名称を「ナイアシン」「ナイアシンアミド」といいます。

たらこ、えのきだけ、クロマグロ(赤身)、するめ、焼き豚、若鶏、乾燥わかめ、などに多く含まれます。

まず、ビタミンB3は、美白効果が期待できるんですよ。

ビタミンAやビタミンCの美白効果とは異なる効果なので、合わせることで相乗効果が期待できます。

 

さらにビタミンB3には抗炎症作用があります。

炎症性色素沈着などのシミを軽減することも期待できます。

 

さらにビタミンB3は皮脂を調節する作用があります。

ですので、皮脂の分泌を抑えますのでニキビを出来にくくします。

 

このように、ビタミンB3にはたくさんの効果がありますのでスキンケア製品に配合されていることが多いんですよ。

明日はビタミンB12でーす。

関連記事

  1. たまに出没する大きなニキビ

  2. 何歳からでも肌はキレイになる

  3. シワを防ぎたい!!

  4. 乾燥が気になる、乾燥によるシワ対策はコレ

  5. 肌がキレイじゃないのは「老化」のせいではない

  6. 本当の肌の色

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。