老けて見える人と、そうでない人の「差」は?

いくつになっても肌がツヤツヤしている人。

顔のシワやたるみなど老化を感じる人。

同じ年齢でもいろんな人がいます。

 

スキンケアももちろん大切です。

 

でも、実際の年齢より老けて見える人と、そうでない人の「差」は他にもあります。

それは、食事に含まれる「AGE」という物質です。

AGEとは?

 タンパク質と糖が結びついてできる老化物質のことです。(終末糖化産物)

これが体内に溜まると老化を早めます。

身体にいろいろな悪影響を及ぼすことが研究で明らかになっています。

 

AGEは、「タンパク質」「糖」「熱」の3つによって作られます。

タンパク質に熱が加えられると、いくつもの糖がくっつきます。

これが「糖化」です。

 

高濃度の糖に長時間さらされると、タンパク質がどんどん劣化していきます。

それが最終的に老化物質に変化してしまうのです。

これがAGEの正体です。

 

糖化の恐ろしさ

 タンパク質は、筋肉だけじゃなくて血管や脳、皮膚、内臓、髪の毛、骨などいろんなところに存在します。

そのいろんなところで糖化が起こると・・・。

身体のいたるところで老化現象が始まってしまうのです。

怖いですね。

 

タンパク質が糖化すると、肌のコラーゲンが失われます。

顔にしわやたるみができます。

髪の毛のコシやつやがなくなりパサパサになります。

 

AGEが体内に溜まると体内の老化も同時に進行していってしまうのです。

たとえば、血管の老化は心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー型認知症のリスクが高まります。

 

 

↑今日はAGEのほんの入り口のご説明をしました。

よもぎ蒸しのワゴンに、詳しい資料を置いてますので、ご興味のある方はぜひ読んでくださいね~。

 

 

怖い事ばっかり書いたので、安心していただくために「抗AGE成分」を含む食べ物もご紹介しておきますね♡

ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、カリフラワー、玉ネギなんかは「抗AGE成分」が含まれていますよ。

他にも、海藻、オクラ、納豆、モロヘイヤなども効果的です。

さらに、キノコ類に含まれるキチンキトサンは体内でAGEとくっついて、便として排出してくれる働きがあります。

 

↑実は今日の記事は、いつもの栄養学のメーカーさんとは違うメーカーさんの資料を参考にさせてもらいました。

でも、いつも私がおすすめしている食品とかぶってますよね~。

お肌に塗るものも大切ですが、やはり健康なくして美肌はありえないということですね。

健康第一!!

ご興味のある方は、またご来店の時におしゃべりしましょうね~。

関連記事

  1. 老化の原因「活性酸素」が消えた!!!

  2. キャベツのパワー

  3. 便秘の原因は6つあります

  4. 目の下のクマのもう一つの原因

  5. 花粉症の原因が便秘??

  6. オメガ3を摂れば良い、というものでもない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。