肌の老化を予防する抗酸化物質

光老化から肌を守るために

紫外線には日焼け止めを塗ってください。

フリーラジカルには抗酸化物質を塗りましょう。

 

では、フリーラジカル(活性酸素)から皮膚を守るための抗酸化物質ってどんなものがあるのでしょう?

 

 

 

 

 

ビタミンC

抗酸化物質の代表選手ですね。

ビタミンCは体の70%を占める水の部分ではたらく抗酸化物質です。

ビタミンCは抗酸化力以外にも、メラニンの生成を阻害するため美白にも有効です。

さらにコラーゲンを生成を促進するはたらきも持っているので、肌にハリを与えてくれます。

のちほど紹介する抗酸化物質ビタミンEはフリーラジカルを消去すると壊れてしまいますが、ビタミンCによって再生され、また元のビタミンEとして働くことができるのです。

つまり、ビタミンEを復活させることもできるのです。

アスコルビン酸(純粋なビタミンC)、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルリン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、などスキンケアで活用されているビタミンCにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

ビタミンE

ビタミンEは脂の部分ではたらく抗酸化物質です。

ビタミンCと助け合いながら、フリーラジカルを消去してくれます。

ビタミンEはフリーラジカルを消去すると壊れてしまいますが、ビタミンCによって再生され、また元のビタミンEとして働くことができるのです。

ベータカロチン

ベータカロチンは脂の部分で働く抗酸化物質です。

非常に強力な抗酸化力があります。

1個のベータカロチンが大量のフリーラジカルを消去します。

また、ベータカロチンは体内に入ると一部がビタミンAに変わる性質を持っています。

デリケートシリーズはビタミンAは入っていませんが、この↑作用があるのでお肌をAに慣らす前段階ができるのです。

茶葉エキス

茶葉エキスは水の部分で働く抗酸化物質です。

こちらも高い抗酸化力があります。

ルイボス葉エキス、緑茶エキス、ハニーブッシュ葉エキスなども茶葉エキスの抗酸化物質です。

↑これ、聞き覚えがありませんでしょうか?

そうです!

エンビロンのお茶シリーズです!

肌に直接塗るのも良し、お茶として体に入れるも良し、です♪

茶葉エキスは肌を明るくする作用もあると言われています。

 

 

エンビロンに含まれているいくつかの抗酸化物質をご紹介しました。

大切なのは「抗酸化物質は幅広く補給する」!!ということです。

1つで、全てに対応できるオールマイティな抗酸化物質は存在しません。

抗酸化物質の効果的な摂り方とは、有効性のあるものを選択し、できる限り数多くの抗酸化物質を補給する事!です。

多くの種類の抗酸化物質を補給することで、抗酸化物質同士でお互いを酸化から守ったり、その他の有効成分を酸化から守ってくれるはたらきも期待できるのです。

↑これはサプリにも言えることですよ!

関連記事

  1. 夏はベタつくからクリームを省いても良い?

  2. ファンデーションのノリが悪くなってきたら・・・

  3. シミが薄くなってきた~

  4. 本当にしつこかった大人ニキビ

  5. ざらついた肌や毛穴のつまりに

  6. 薔薇屋で一番人気のフェイシャルコース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。