老化のもう一つの原因、フリーラジカルとは?

紫外線やフリーラジカル(活性酸素)によるダメージが蓄積してしまうと「光老化」シミ、しわ、たるみなどが出てきます。

ということで、紫外線につづいて、フリーラジカルとは?について書いてみますね。

 

フリーラジカルとは、皮膚を酸化させる不安定で攻撃的な物質です。

酸化でわかりやすいのは「鉄」でしょうか。

 

 

 

 

鉄が酸化すると↑このようにサビてしまいます。

 

リンゴも切ってそのまま放っておいたら茶色くなりますね。

↑これも酸化。

 

鉄にもどりますが、ハサミを想像してみてください。

サビたハサミは正常に動かなくなりますよね。

 

人間の細胞でも同じことが言えます。

皮膚が大量のフリーラジカルで酸化してしまうと、正常な働きができなくなってしまうのです!!

 

そんな恐ろしいフリーラジカル(=活性酸素)の原因はたくさんあります。

●紫外線

●排気ガス

●タバコの煙

●環境汚染

●ストレス

●化学物質

などなど。

 

ちなみにただ呼吸をするだけでも活性酸素は発生します。

でも呼吸レベルの活性酸素なら、ちゃんと無毒化できる酵素を私たちは持っています。

 

怖いのは、大量のフリーラジカルが発生した時です!!

活性酸素に対抗できるのは、抗酸化物質です。

フリーラジカルからお肌を守るためには、抗酸化物質をお肌に直接補給してあげるのが一番てっとり早いです。

そして、紫外線を予防するのはもちろん日焼け止めです。

 

まとめちゃうと、光老化を予防するには、日焼け止めを塗って、抗酸化物質を補給するのが一番です。

関連記事

  1. シミが目立ちにくくなる肌

  2. 日焼けせずに白い肌を保てる日焼け止め

  3. ビタミンB3とお肌のマニアックな話

  4. なぜシワができにくくなるのか?

  5. 肌の老化について

  6. なぜ、ビタミンAで乾燥しない肌になるのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。