脂質と女性ホルモン

今日は朝のお客様をお見送りしてから、栄養学の研修で新大阪まで行ってきました。

今日は「脂質」について学んできました。

脂質は女性ホルモンの材料ですから、私たちにとっても大切なのです。

 

脂質とは・・・油と脂のことです。

油は液体、脂は固体。

まとめて脂質。

 

 

 

 

 

 

 

 

脂質は大きく3つに分かれます。

①中性脂肪 これは私たちのエネルギー源となります。

1gあたり9㎉・・・ということは、糖質の約2倍のエネルギー!!

 

②リン脂質 これは細胞膜だったり、血液の中で脂質を運んでくれたりします。

 

③脂肪酸 これがコレステロールの材料となります。

そしてコレステロールは女性ホルモンやステロイドホルモンなどの材料です。

生理痛や更年期障害ととっても関係が深いところですよ。

 

脂質(あぶら)って本当に本当に大切です。

質の良いものを摂ってあげましょう。

質の良いオイルというと、オリーブオイルとか思いだす人が多いのでは?

でもオリーブオイル(オメガ6)は実は諸刃の剣です。

オリーブオイルを分解するまでには、たくさんのビタミンやミネラルが必要です。

まず最初にビタミンB6。

さらに亜鉛。

そしてマグネシウム。

次にビオチンが必要です。

ここまでビタミンやミネラルを使って分解しても、ここで甘いものをたくさん摂っていたら×の方のオイルになるんですよ。

ここまできて、甘いものや、食べ過ぎなどを抑えていたらようやく生理痛などを抑えてくれるようなのオイルとなります。

 

うーん。

ややこしいですね。

 

ということでまとめてしまうと、一番のおすすめはエゴマ油やアマニ油やシソ油などです。(オメガ3)

良質の↑このオイルをたっぷりとってあげてくださいね。

もちろんオメガ3も体に有効に使うためには、ビタミンCや亜鉛やビタミンB3などが必要です。

結局体に良いものは偏って摂っても意味がないのです。

ビタミンやミネラルや酵素がそろって初めて身体の中でしっかり働ける状態になるのです。

 

書き出すと多分膨大な量になるので、また少しずつ栄養学のお話も書いていきますね。

脂質って、美肌はもちろんのこと、更年期障害、生理痛、アトピー、アレルギー、EDまで!関係が深いんですよー。

気になる方は、ご来店の際にいっぱい聞いてくださいね。

私が蓄えている知識はすべてお話しますし、私がわからないところはわかる人に聞いて解決します!!

 

美肌になるためには、「健康」であることが大切です。

文句ひとつ言わず、だまって頑張ってくれている私たちの身体やお肌。

外からも、内からも、正しいケアをしてあげたいものですね。

関連記事

  1. 二の腕のザラザラ、ブツブツの原因

  2. カズノコは優秀だ!

  3. 老けて見える人と、そうでない人の「差」は?

  4. お肌のトラブルと栄養 つづき

  5. 花粉症の原因が便秘??

  6. シミを撃退!紫蘇ジュース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。