老化の原因「紫外線」を知りましょう

皮膚の老化の80%は紫外線トラブルが原因といわれています。(しつこいくらい書きます)

この紫外線トラブルを引き起こす要因は↓この2つ。

紫外線と活性酸素(フリーラジカル)です。

今日は紫外線について書いてみますね。

 

 

 

 

 

 

 

紫外線はその波長によってA波、B波、C波に分かれています。

【紫外線A波】
・真皮まで届く
・エネルギーは強くないのでダメージはすぐには見えない(傷んだ実感はない)
・ゆっくり確実に細胞を傷つける
・ガラスや曇りでも通り抜けるので気づかないうちに影響を受けている

【紫外線B波】
・表皮までしか届かない
・強いエネルギーなので早い時間でダメージが大きい
・皮膚が赤くなったり、ひどい場合はやけどのような状態になる

【紫外線C波】
・非常に強いエネルギー
・現在はオゾン層で吸収され地表にはほぼ届かない(といわれています)

紫外線は夏や晴天時のみではなく、冬や曇りの日も一年中降り注いでいます。

3月頃から紫外線が高いレベルになります。

年中UVケアは必要ですが、そろそろ夏と同様の紫外線対策が必要になります。

しっかり紫外線対策をして、無駄な老化を防ぎましょう!

関連記事

  1. その乾燥肌、その毛穴、原因は・・・

  2. きれいな肌を作るために

  3. 毛穴やシミ、しわと栄養の関係

  4. おでこのシワが気になる人が多い

  5. 実はそのケアが「たるみ」や「乾燥」の原因になっている

  6. お肌のトラブルと栄養 つづき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。