デトックス(解毒)のカギは食事にある

PM2.5や黄砂に汚染物質がくっついてきたり・・・。

重油流出で海が汚染されたり、原発の事故など・・・。

環境汚染がどんどん広まってますよね。

不安な話しかないですよね。

 

80歳のお年寄りなんかは、さぞかし貴金属が貯まっていると思いませんか?

実際に毛髪中の貴金属を調べてみると、1歳の子供と60歳とを比較しても1歳の子の方が基準値をはるかに超えている場合もあるそうです。

 

何故このような事が起こってしまうかというと、人間が本来持つ解毒作用が上手くいってないから、だそうです。

解毒のヒントは、普段食べている食事に隠されています。

たとえば水銀、ヒ素、カドミウム、鉛などの貴金属は食事中の食べ物の成分セレニウムというミネラルがこれらの貴金属と合体して毒性を弱めてくれます。

たとえば、アルツハイマーの原因の1つではないかと言われているアルミニウムの体内の蓄積には食物中の軽金属を増やすことで吸収を邪魔させることができるそうです。

邪魔をしてくれる代表選手は、マグネシウムです。

 

デトックスできるミネラルやアミノ酸を食事の中でバランス良く増やすことで、身体の中の貴金属や軽金属の蓄積を免れることが期待できます。

すでに体の中にたまってしまっている物はデトックスした方が良いです。

毎日の食事の内容って、本当に大切です。

 

ちなみに、マグネシウムをたくさん含む食材はコチラ↓(100g中)

●青のり 1300㎎

●こんぶ 660㎎

●ひじき 600㎎

●わかめ 410㎎

●岩のり 340㎎

●ごま 310㎎

●さくらえび 310㎎

などなどです。(他にもいろいろあります)

 

毎日の食事に、意識して取り入れてみてくださいね。

関連記事

  1. 目の下のクマのもう一つの原因

  2. 脂質と女性ホルモン

  3. 刺身は刺身でも・・・

  4. 毛穴やシミ、しわと栄養の関係

  5. シミを撃退!紫蘇ジュース

  6. お肌のトラブルと栄養 つづき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。