老化の原因「紫外線」について

怒涛の更新、とか言いながらあまり怒涛ではないですね。

スキをみつけては書くようにします。

今日はシンプルに「紫外線」のお話から・・。

 

 

 

 

 

紫外線にはA波、B波、C波があります。

C波はオゾン層があるので、地表にはほぼ届かないです。

でもエネルギーが非常に高いので、これが地表に届いたらえらいことになります。

 

ということで、実際に地表に届いているA波とB波の特徴を知ってください。

紫外線A波

UV-Aとも言います。

肌への浸透性は高く、お肌の奥の真皮まで届いてしまいます。

エネルギーは低いですが、低いからこそ気づかない、恐ろしい紫外線です。

気づかないまま肌の奥がダメージを受けてるのです。

ガラスも通り抜けるので、家の中にいても油断は禁物です。

 

紫外線B波

UV-Bとも言います。

肌への浸透はそれほど高くないです。

表皮までしか届きません。

ですが、エネルギーが高いです。

陽射しが強い日に、肌にジリジリ感じるのはこのB波です。

赤く焼けるのもこちらのB波。

 

 

曇りの日や、冬はB波が少ないので、紫外線を感じにくいです。

なので、紫外線対策をしない人、冬は日焼け止めがいらないと思っている人が多いことでしょう。

ですが、紫外線A波はしっかり届いています。

知らない間に肌の奥にダメージを受けているのです。

 

曇りでも、冬でも、一年中紫外線対策はしましょうね。

次回は、老化のもうひとつの原因「フリーラジカル(活性酸素)」について書きますね。

 

関連記事

  1. ファンデーションのノリが悪くなってきたら・・・

  2. シワを防ぎたい!!

  3. 【京都市 中京区のお客様】頬と鼻の毛穴が目立たなくなってる!…

  4. 同じ化粧品を使い続けても肌が慣れない理由

  5. 凸凹毛穴が小さくなりました

  6. おでこにプツプツが出来た原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。