ざらついた肌や毛穴のつまりに

ビタミンAはお肌を本来の美しさに戻してくれる成分です。

今日は、お肌の一番表側「表皮」の部分への、ビタミンAの働きをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

まず、とってもシンプルにビタミンAは「表皮」の成長を促してくれます。

成長が促されるということは、新陳代謝が促進されるということです。

「代謝が上がる」というやつですね。

代謝が上がると「表皮」の厚みが増します。

そして、薄い肌が丈夫になります。

バリア機能がしっかり丈夫になるんですね。

トーナーを使い始めた時、チリチリと痛みを感じた方でも、気づけば痛くなくなるのはこういう事なのです。

 

まだまだあります。

角質が整い、なめらかになるので、ざらついた肌や毛穴のつまりが解消されます。

角質のつまりが原因となっているニキビができにくくなりますよ。

 

まだあります。

角質のバリア機能が強化されるだけではなく、NMF(天然保湿因子)も作られます。

自分のお肌で天然保湿因子が作られるようになると、結果、保湿力が高まり、乾燥肌などが補修されるのです。

 

まだありますよ。

ビタミンAはメラニンを作る細胞(メラニンを作る工場)、メラノサイトにも働きかけます。

過剰なメラニンの生成を、元の工場から抑えてくれるのです。

メラニンを均一化する働きもあるので、シミが目立たなくなってきますよ。

 

まだあるんです。

免疫力が高まって、健康な皮膚にしてくれるという働きもあります。

皮膚ガンの予防にもつながることも報告されているそうです。

 

 

すごいでしょ。

ビタミンA。

 

今日はお肌の表面「表皮」に、ビタミンAがどのように働いてくれるかをお伝えしました。

明日はお肌の奥「真皮」に、ビタミンAがどのように働いてくれるのか、お伝えしますね。

関連記事

  1. ビタミンAはいつから使い始めるとよいの?

  2. ビタミンAは皮膚にどんな効果があるの?

  3. どんどん肌が老化する洗顔方法「老化洗顔」

  4. 老化のもう一つの原因、フリーラジカルとは?

  5. 目元から老けていく・・・

  6. シミが薄くなってきた~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。